【沢登り】八ツ淵の滝(魚止滝~七遍返し淵)

HOME アウトドア記録 登山記録 八ツ淵の滝(魚止滝~七遍返し淵)


レジャー概要

山名八ツ淵の滝(魚止滝~七遍返し淵)
標高-m
住所滋賀県近江高島市
標高差/山行距離220m|4.8km
日時2014年07年26日
メンバーゴンさん・涼さん・コフちゃん・田村
目的/天気沢登り|晴れ



八ツ淵の滝(魚止滝~七遍返し淵)


 CT:登山口(9:19)-魚止滝への分岐(‏‎9:23)-魚止滝(9:49)-障子ヶ淵(‏‎10:11)-大摺鉢(‏‎‏‎10:31)-小摺鉢(‏‎10:35)-屏風ヶ淵(‏‎10:42)-貴船ヶ淵(10:52)-七遍返し淵(12:07)-貴船ヶ淵(13:30)-大摺鉢(13:49)-登山口‏‎(14:11)


京都の予想気温は38とか39度とテレビでやってた日、まだ僕は死ぬには早いかなと比良の八ッ淵の滝へ沢登りに行ってきました。ツアーでこの沢登り行くと15000円もとられるそうです。ゆるけい登山(BLOG)の管理人さんゴンさん、Nighthiking.JPの涼さん、コフちゃんのいつもの沢メンバー。駐車場から登山口に来るまでもうすでに汗でびちょびちょ。サウナや…早よ水風呂(沢)入りたい…!

以前は登山道が開通していなかったので念の為大摺鉢から行きましたが、今回は通行止めが解除という事でどうどうと魚止滝から登っていきます。

入渓ポイント。あーもう涼しい!猛暑って何!?って感じ。

さっそく登っていきます。最初はこんなんばっかり。いかにも沢登という感じ。

普通登山者に何度か遭遇。不思議そうな目で見られました。

あーーーー涼しいさっきまでの暑苦しさなんて皆無。爽快の一言。

一つ目の滝、魚止の淵。

こちらが魚止の滝。産卵の魚はここまでしか沢を登れない事からついた名前だそうです。

ゴンさんが潜る!

登れる所はぜんぶ登ります。

二つ目の滝。障子ヶ淵です。上下二層になってる滝ですが、下の滝だけ登れるので滝の水に逆らいながら登ります。

障子の滝の先には唐戸の滝がありますが巻いて大摺鉢へ向かいました。写真は大摺鉢。透明度が高いです。

大摺鉢の上。

小摺鉢。かなり小さく浅いです。

温泉に入ってる?!

それを越えると屏風が淵です。

屏風ヶ淵。足がつかないので浮きながら撮影したのでよく分からない。

屏風ヶ淵は登れないので巻いて貴船淵へ。

八淵の滝と呼ばれる8つの滝の中でメインといってもいいのがこの貴船の滝。今回は滝壺まで上がっていき撮影しました。滝壺は砂が溜まっており以外と浅い。

滝壺から貴船滝を撮影。やっぱり近くで見ると滝ってデカいなぁ!

涼さんとコフちゃんが貴船の滝で滝行撮影

僕も記念撮影。

最後の滝、七遍返し淵をめざし進みます。

階段のような滝。

沢歩きという感じ。

涼さんが先に行ったのでおいついてみると浮かんでいた。

僕も浮かぶ。

七編返しは近いぞ!

涼さんの滝登り。

滝に大岩がハマった!?

やっと到着。七遍返しの手前の橋。

七遍返しの滝・上から滝を見下ろすと水が七回転してるように見える事から名付けられたという。最後の滝なので登りましょう!

グリップはあるがコケが滑りそうで怖い。

あと少しが登りにくい。

今回は七遍返しで折り返します。

七遍返しの上の奇妙な滝が本日のGOAL地点!記念撮影です。

登山道で下山しようと思っていましたが、猛暑日という事もあり沢入っていたーい。という事で来た沢を戻ります。

滑って浮かんで流されながら下山

コフちゃんも浮かぶ。

小さな滝を降りる時の一枚。手がすごい滑らかに映ってるw

貴船滝の横の岩場も下ります。登りより下りが大変やね。

滝まで下って休憩。そして屏風の滝の巻き道を戻ります。

大摺鉢で浮きながらコフちゃんの滝下りの様子撮影。

大摺鉢からは登山道でそのままガリバー旅行村まで戻ります。行きが結構かかったのですが、あっという間に登山口に到着。登山道は高速やね。

登山口到着。いい涼みになりました。

山登好人さんの撮影・編集した今回の沢の様子の動画です。


 CT:登山口(9:19)-魚止滝への分岐(‏‎9:23)-魚止滝(9:49)-障子ヶ淵(‏‎10:11)-大摺鉢(‏‎‏‎10:31)-小摺鉢(‏‎10:35)-屏風ヶ淵(‏‎10:42)-貴船ヶ淵(10:52)-七遍返し淵(12:07)-貴船ヶ淵(13:30)-大摺鉢(13:49)-登山口‏‎(14:11)





古都コトきょーと

このページのトップへ