小入谷-根来坂峠-百里ヶ岳-百里新道


レジャー概要

山名百里ヶ岳
標高931.3m
住所滋賀県高島市/福井県小浜市
標高差/山行距離650m|9.8km
日時2014年10月4日
メンバー田村・田村弟
目的/天気登山|曇り



百里ヶ岳


 CT:鯖街道登山口(10:18)-焼尾地蔵(10:43)-根来坂峠(11:31)-百里ヶ岳(12:18)-新道分岐(13:57)-シチグレ峠(14:09)-小入谷峠(15:21)-小入谷登山口(15:26)-小入谷バス停(15:31)


今回は以前から気になっていた京都北山北部の福井と滋賀の堺、江若国境尾根にある百里ヶ岳に行ってきました。北山といっても京都市から登山口まで70㎞ほど北上するため、尾根からは若狭湾が近くに見え、福井の山といった感じ。R367から梅ノ木を左折し、山奥へ入っていき、綺麗な渓谷やすすきの群れを眺めつつくねくねと小一時間。こんなところに集落があるのかというのをいくつも通り過ぎやっとの思いで小入谷(おにゅうだに)に到着。ここから鯖街道を登っていきます。今回は写真が汚いですがご勘弁を。

小入谷の村の景色。すぐ隣は関西最後の秘境と言われている芦生原生林があり、そのすぐ北東部に位置する村です。さすが京の鯖街道といいましょうか、R367ですら田舎なのに、そこから山に入り込んでいきこんな山奥に村なんて日本でもそうそうないのでは…。言葉は高島市内に似たような言葉で、関西弁ながらに訛ってるといいいますか、京都とはかなり違った印象でした。ここを真っ直ぐ進むと鯖街道ルートで、写真右に切れた橋を渡っていくと百里新道へ。今回は周回しますが、行は鯖街道でいきます。

さきほどの写真を直進すると鯖街道の看板があるのでそこを右にはいります。道路が水没しており本日は水かさが少ないのか普通に渡れました。

百里ヶ岳登山口です。さて鯖をかついだ気分で登っていきます。

ブナ林のなだらかな登山道が続きます。

ほどなくして舗装路にでます。

しばらく道なりに歩きます。

建物があります。それが焼尾地蔵。地蔵が見えたら道路右の坂を上っていき登山道に戻ります。

焼尾地蔵。

登山道戻ってすぐまた舗装路に出ます。今回はすぐ登山道に戻ります。(登山道写真右)

このあたりで一休憩。いい景色。

鯖街道は景色のいい道が多い。

根来坂峠到着。本日初の登山者と会いました。

ここからは国境尾根を進んでいきます。

百里ヶ岳が見えてきました。

右を見れば若狭湾が!

百里が岳登頂しました。福井県小浜市最高峰であり一等三角点の山です。

早速食事を。カップ麺とお味噌汁。

帰りは百里新道から帰ります。さきほどはこの分岐を西から上がってきましたが、今度は東(写真左)へ。

きつめの下り坂が続き、シチグレ峠で一休憩。

尾根から百里ヶ岳がみえました。

こちらは南谷。写真右の高いピークは駒ヶ岳でしょうか。

鯖街道の道はあまり北山の雰囲気は感じませんでしたが、新道のほうはやっぱり北山に来たーという感じ。絶景はないけど、北山の雰囲気はたまらん。

ブナ林と弟。

尾根を境に植林とブナ林と。

比較的なだらかな区間が多くあっというまに下山しました。やったー!と安堵している弟ですが、ここから小入谷へはまだ少しあります。

10分ほど進むと百里新道の登山口があります。そこからは5分ほど林道歩きで小入谷に到着。土曜やというのに3組しか会わない静かな山歩きができて満足でした。帰りは弟が誕生日のため焼肉店で腹ごしらえしてかえりました。


 CT:鯖街道登山口(10:18)-焼尾地蔵(10:43)-根来坂峠(11:31)-百里ヶ岳(12:18)-新道分岐(13:57)-シチグレ峠(14:09)-小入谷峠(15:21)-小入谷登山口(15:26)-小入谷バス停(15:31)





古都コトきょーと

このページのトップへ