TOP-image
2014.03.07

【夜間登山】大和葛城山の山頂で夜景を見よう!水越峠からピストン

大和葛城山から夜景

レジャー概要

金剛山地 大和葛城山
無積雪期・夜景登山
標高 945m
歩行距離 5km
標高差444m
天気 曇り・雪
コース:水越峠からピストン

メンバー

tamura

MAP

大阪・奈良の夜景を求めて

16:27
水越峠
‏‎17:00
1.1km地点
17:18
テイクオフ
‏‎17:27
つつじ園トップ
17:32
大和葛城山頂
18:53
テイクオフ
20:08
水越峠
 国道309を大阪方面から来て水越トンネル手前の分岐を右に行き峠(旧道)のトップまで上がると、北側にこのような大和葛城への登山口があります。大和葛城山は大阪府最高峰(最高点は金剛山途中で山頂としての最高地はここ)で、最短ルートの水越ルートで登ります。
 水越峠の様子。この近辺に皆車を停め登っているようです。今回は大和葛城山からの夜景を見るために登ります。天気予報では曇り、大阪市街地ではずっと雨と雪で葛城山は大きな雲で覆われ山頂が見えないなどありましたが、雲の動きから夜景の頃にはある程度トワイライトが見れるという確信があったので決行する事に。峠についたころには結構な雪でした。
 なだらかな道を進んでいくと、急な階段が現れる。暫く山へ行ってなかったので足が重い。
 ヒィヒィと上がっていくと休憩できそうなスペース。ここまで来ると一旦楽になる。
 平坦な道を少し進むとまた階段が現れる。標高の上がり方がすごい。
 この辺りになると雪がうっすらつもり地面が凍っていてシャリシャリしてました。
 やーっと長い階段の半分まで来た辺りでこんな看板が。まだ半分も来てへんのけ…。
 と思ったら、高度計を見ると標高はすでに900近く。残りの半分は楽々です。
 テイクオフとの分岐。分岐というかテイクオフは直進して3秒くらいの所。テイクオフは奈良盆地南部が一望できます。
 テイクオフは奈良盆地南部が一望できます。ここも帰りに夜景を撮影して帰ります。
 テイクオフ分岐から葛城方面に向かい、有名なつつじ園を越える。
 右がホテルで前の階段を上がると葛城山山頂が見えます。
 階段を上がると爆風と吹雪でみるみるうちに地面に雪が積もっていく。もちろん誰一人として人はいません。こんなはずじゃなかった!今日来たのはやはり失敗だったか。まぁこういう失敗経験も後からなると楽しい思い出になると言い聞かせ、とりあえず山頂だけでも…とさっぶいさぶい中進んでいく。
 葛城山三角点。このころには5m先見えるのがやっとで目も開けられないほどの風と吹雪ww
 でもそこは意地です。記念写真も怠りません。目はつぶってますがwそして、自販機のある休憩できる場所で待機。
 そして雲が去った頃、見事トワイライト夜景撮影に成功。しかも吹雪いてくれたせいで、完璧とは言えないものの一応雪夜景に。さらに市内で雨と雪が降ってたおかげで空気は澄んで明石大橋まで見えるほどかなり大気のいい状態の夜景を見る事ができました。
 奈良側は特に大気の状態が抜群に良くいい夜景を見ることができました。

感想・まとめ

夜景目的で大和葛城山に最短ルートで登ってきました。高さがあるので夜景も神秘性があってなかなかでした。テイクオフの奈良の夜景も奈良南部の特徴が出ていてとてもお気に入りの夜景になりました。







古都コトきょーと