2013.09.21

円重寺駐車場-火床-大文字山-如意ヶ岳 山行

HOME 登山記録 大文字山・如意ヶ岳

レジャー概要

山名
如意ヶ岳
標高
472m
住所
京都府京都市左京区
標高差/山行距離
日時
2013年09年21日
メンバー
単独
天気
晴れ


大文字山・火床の最短を散策。

1:45
円重寺駐車場
2:04
千人塚
2:11
火床
2:27
大文字山頂
3:15
如意ヶ岳着
4:19
大文字山頂
5:11
円重寺駐車場





白川丸太町(天王町)交差点から入り組んだ道を進み、霊鑑寺の南側の細い道へ入っていきます。




円重寺の駐車場横が取り付き点 - 1;45 PM




銀閣寺ルートなどと比べるとやはり勾配がきついです。




水がいたるところに流れており滑りやすくなってるので注意。




10分ほど登るとなだらかになります。




分岐があり、今回は左の火床へ向かいます。




進むと、また分岐があります。円重寺というのは今来た道です。直進すると千人塚、右へ曲がると大文字の大の左の払いの階段へつきます。




直進し、千人塚まで来ました。ちなみに左へ行くルートは銀閣寺からのルート。上へ上がると階段を経て大の字の中心につきます。




振り向いた写真。円重寺から来ました。さきほどの分岐がオレンジ線。赤いルートを進みましたが、オレンジルートと合流するので、銀閣寺から来た方は赤ルート、円重寺から来た方はオレンジルートが火床まで最短です。




さきほどの分岐から2~3分で、大の字の左の払いの麓につきます。上を見上げると大の中心にある小屋が見えるのですが、この階段を見ると。。。




はぁはぁと5分ほど頑張ると大の中心点。小屋の前から写真撮影。 - 2:03 PM




2時11分、ちょっとした休憩を終えさらに階段を上がり山頂へと向かいます。




火床から山頂は比較的なだらかで歩きやすい場所が多い。




最後にきつめの急登があり。




大文字山山頂到着です。 - 2:27 PM




山頂からの景色。天気は抜群にいいですが、視界は悪い。




火床は暑くてろくに休めなかったのでここでのんびりと休憩する。




2時45分、山頂から南へ進み如意ヶ岳へと向かいます。分岐がありますが左から行く方が早いです。少しだけですが。




どんつきを左へ曲がるとこのような場所につきます。分かりにくいですが分岐になっております。藤尾奥町方面(右)へ進みます。




5分∻10分ほど進むと分岐があり左へ降りてくると雨宮神社があります。一応神社の確認に降りてきましたが、如意ヶ岳へは左へは下りず直進します。




直進後すぐまた分岐があります。左が如意ヶ岳、右は藤尾奥町です。




大文字山頂を離れてからそういえば人っ子一人見てないな…。人があまりあるかないのか道は荒れ放題。左から迂回してルートに戻ります。




この辺りで僕も不安になってました。これ、ちゃうんちゃうかな…。ですが進みます。




よっしゃーここまでくれば間違いない!直進すると行き止まりなので手前の分岐を右へ曲がり迂回して山頂東部へ移動します。




フェンスに沿って降りていきます。




最後坂をががっと上がると舗装道路に到着。ここがおそらく山頂に一番近い場所。- 3:15 PM




展望などはないものの広場になっておりゆっくりできます。写真に写ってる舗装道路は、もともとその先にも続いてるんですが、先日の雨の影響なのか木が倒れており通行不可。




かいた汗が風に吹かれお腹が冷たくなったので、もってきたコーヒーでも飲んで休憩する事にする。




ふあぁ~~山で飲むコーヒーは美味しい!




ゆっくり休憩後、下山します。道も荒れていて薄暗い上に人が誰一人いない。こんなん通ってきたっけー。




帰りは山頂から駐車場まで最短と思われるトレイルルートで下りる予定だったのだが…。




通行不可の張り紙が!この間の台風やってくれたな。。。!




下山する気が失せて山頂でうなだれる。




結局ピストンでもと来た道を戻る事に。帰りの火床は誰もいなかった。(山頂出発時刻16;50)




また左の払いの階段を下りていきます。さきほどの分岐。円重寺へ降りるので左を降りていきます。




行きでは気づかなかったが、この岩場が結構危険。滑りやすい場所も多いので慎重に下ります。




下山。山頂からの下山時間は約20分。これが大文字山までの最短ルートやな。


感想・まとめ

大文字山は何度も登っていますが、如意が岳は初めてでした。展望があるかなと散策もかねてでしたがいい運動になりました。夜景ではなく昼間の火床の景色も素晴らしかったです。

HOME 登山記録 如意ヶ岳





古都コトきょーと