TOP-image
2009.05.03

松尾鉱山「緑ヶ丘アパート・生活学園」散策記録

松尾鉱山の緑が丘アパート

廃墟の情報

松尾鉱山
黄山社宅跡
場所 岩手県
建設 1951
廃墟化 1972

松尾鉱山~地上1000Mの都~探索


 かつては東洋一といわれた硫黄鉱山、その名も松尾鉱山。日本三大廃墟といわれるほど著名な廃墟に行ってきました。出発は朝のまだ早い時間で、霧が立ち込める。5月なのでまだ若干寒い。

僕がまだ小学生の頃、ある年のお盆に初めて松尾鉱山に行った時、吃驚しました。今まで心霊とかチョっと興味があった系の変わった子供やったんやけど、このマンション群をみて好きなのは心霊系の中にあるこういう神秘性なんだという事に気づきました。心霊が好きとはいっても肝試しが好きという訳ではなく、噂の経路やなぜ心霊スポットと言われるようになったかといういきさつのようなものが好きでした。それが心霊文化の美学やと思ってました。廃墟の良さとか、廃墟の魅力なんて今まで気にした事なかったのに、山奥の高原に佇むその廃墟群に感動してそれからは廃墟の魅力にどっぷりとハマりました。

アスピーテラインに向かう途中にオブジェがあったので記念撮影。

この辺りの景色が凄い好きです。

このアスピーテラインを上がっていけば松尾鉱山につきます。

岩手山がきれい。旧松尾村側から見ると盛岡からと正反対なのかな?

結構上がりましたよー!大沼まで見えてきました。

 腕や足に思いっきり雪を擦り込み体の冷却をする。雪だー!ほてって具合悪くなりそうだった矢先に道路の雪は非常にありがたい!

 なんとか方向を間違ったのも含め、6時間ほど自転車死にもの狂いで歩いて押してしてつきました、松尾鉱山!ここはアスピーテラインからの緑ヶ丘アパートへの入口です。[長屋・生活学園などはさらに奥にあるシェルターの中に入口があります。]

 見えてきました。雲上の楽園とまで謳われた旧鉱山都市、「松尾鉱山」です。「嫁に行くなら松尾鉱山」という言葉は非常に有名ですが、テレビで有名になった言葉ではなく本当に当時から岩手県では言われていた言葉で、働きに応じて非常に高額な賃金が支払われており、非常に安定した暮らしができたそうです。

 鉱山従業員用アパート「緑ヶ丘アパート」です。このアパート、日本初期のコンクリートアパートで、こういった最先端なものの普及は東京や盛岡などより早かったそうです。[ちなみに軍艦島が日本初]

 ちなみに、この広大な高原、今は何もないため残った住宅地がぽつりとありますが、この広い高原全体に長屋やスーパー、雑貨屋、百貨店、病院、病院にはレントゲン撮影機など多くの建物・施設がありました。現在は鉱山閉山直後の消火練習のため消失しております。

 それでは松尾鉱山緑ヶ丘アパート、みて行きましょう。

 上段と下段があります。号棟はすべて「1,2,3」ではなく「いろはにほへと」で分けられております。

 入口。ここにはどんな扉があったのだろうか?

 アパート内部。暖房[セントラルヒーティング用の配管を見ると、本当にこのアパートは昭和26年もの?60年以上も前のものなのか?と思えてしまう。

 郵便受け。このポストは壊れていますけど、壊れていなかったら今もあるちょっと古い市営住宅のポストと変わらないような気がしますね。

 部屋に入っていきましょう。

 軍艦島は6回もの埋め立てで土地がなく、部屋は非常に狭いですが、松尾鉱山は当時のアパートにしては結構広い作りになっています。[独身寮はかなり狭いですが。]

 ここに家族が暮らしていたんですね、、、なんか不思議な感じがします。

 ちょっと疲れからか、体がふらついたので、窓付近に座り窓の外をしばらく眺めてみる。

 あれやね、松尾鉱山は5月付近の残雪のまだ残る時期と紅葉の時期が一番綺麗。段々になって残る雪や、あたり一面紅葉色になった中にポツリとあるアパートなども抜群に素晴らしい。でも、紅葉時期は人が非常に多いからなぁ。廃墟を見る感じではなくまるで観光地に来たような気分になる。そう考えると5月が一番いいのかも。

 窓の外。今はなぁ~んにもないなぁ。ちなみに左端にぽつんと見える廃アパートは独身寮。あそこの上階から見るこのアパート群は素晴らしいし、山全体が紅葉したときの景色はもう口にあらわせないほど素晴らしい。

 ここは台所。台所は結構広いです。

 これはトイレです。どうでしょう。今の和式と変わらない形してますよね。実はこれ水洗トイレです。当時の日本の一般家庭には水洗トイレなんてまずどこにもありませんでした。こういうところからも日本TOPクラスともいえる暮らしだった事がわかります。

 八幡平といえば豪雪地帯として有名で、現在の雪の少なくなった気候でもアスピーテラインは封鎖されますが、当時も鉱山町[こうざんちょう]全体が埋まるほどの雪が積もりました。そういう冬は鉱山からアパート~長屋、そこから百貨店、病院などと雪のトンネルが張り巡らされ、その中で生活していたそうです。アパートはセントラルヒーティング仕様で現在の朽ちた姿からは防暖性のかけらも感じられませんが、そんな真冬の中でもふわふわと暖かく何の寒さの苦もなかったそうです。

 そんな輝かしい過去を持つ松尾鉱山ですが、鉱毒事件などのから負の遺産といわれる事もありました。また、安全性は悪く奥地へ入り込んだ人が忽然と姿を「神隠し」と呼ばれる坑道への落下事件もあったようです。また、地元の若者が来ては廃墟となった町から不要なもの(基本的に銅線や家電)を持ち出し町へ売りに行きお金と変えたり(遺失物等横領罪)、廃墟となったアパートに不法侵入し、勝手に自分の部屋を決め、秘密基地などと称して占領し、酒やタバコ、シンナー、性行為、レイプなど治安面も悪かったそうです。

 そのため、現在残っている松尾鉱山緑ヶ丘アパートは以前とは全く違う姿となってしまいました。祖父母の家に昔の緑ヶ丘アパート内部や生活学園(閉山直前と直後)の写真がありますが、雰囲気が全く違うように感じました。風化したのも原因の一つですが、生活学園に至っては「赤い部屋」で有名な落書きやBB段の多さなどから閉山後の治安の悪さがうかがえますし、近年も「心霊スポット」として有名になったようで、肝試しに来ては常識のない若者により破壊行為は現在も進行している状況です。

 破壊行為は行くたびに、「あーここ壊されとるなぁ」という場所が増えているように思います。そういうのは非常に残念だなぁと思います。


前回と前々回行った時の写真

 この写真はこの数年前に行ったときの写真なのですが、生活学園のたしか地下体育館手前だったと思います。

 もう弾かれる事のないピアノ。塗装ははがれおち、鍵盤は破壊され、木は歪んでいる。

 これが有名な赤い部屋。まぁただめちゃくちゃに塗りつぶされただけのものだが、インパクトがあり、一瞬ビクッとする。椅子に座っているマネキンは通称「俺の女」もしくは「彼女」と言われており、その女性は乳房を露出し頭はボコボコに破壊されている。

 生活学園の屋上から。ここは景色こそ素晴らしいのですが、危険なので本当に行かないほうがいいです。

 八幡平の木。不気味ですよね。下に向かってから上へ向かっている不思議な枝の生え方ですが、これはこの付近の雪の多さからなるもので、気が雪の重みに耐えられない場合にこういう生え方をします。

 こちらは長屋。アパートに入れなかった人たちはこちらで生活をしていました。主な長屋は緑ヶ丘アパートの正面付近にあったのですが閉山後に消火訓練のため放火され消失しました。

 長屋は木造のため、風化が特にひどく生活していた場は今では床がぼっこぼこに空き、扉も木が腐り落ちています。

 独身寮から見た松尾鉱山廃墟軍です。ここまで見ていただきありがとうございました。

廃墟レポート 一覧 摩耶観光ホテル 奈良ドリームランド 化女沼レジャーランド 軍艦島 Z医院 洲原村診療所 旧和賀川水力発電所 S醫院 池島 松尾鉱山 犬島精錬所跡 日光ウェスタン村 白亜の廃校 恵那峡ロープウェイ 黒谷自然公園 本覚寺(詐欺寺) 謎の研究所 廃恵比寿神社 O工業 ホテルマドンナ 大久野島発電所跡 せせらぎ遊園 湖上の発電所 笹間渡発電所 笠置観光ホテル 峰之沢鉱山 黒潮荘 岩風呂旅館 結婚式場 丹波本○ 一龍旅館 城山ホテル 大川グランドホテル 鱒池亭 ホテルセリーヌ 鬼怒川温泉の廃墟群 持越鉱山 春日鉱山 美束抗 土倉鉱山 杵島炭鉱第四坑通風坑 立川炭鉱跡 大阪セメント伊吹工場 百井分校 旧木沢小学校 御山里小学校 旧池原小学校 旧坂本小学校 旧丹生小学校 旧大瀬小学校 舞鶴旧海軍第三火薬廠 虎杖小学校 袖志分校 東ノ川小中学校 東濃朝鮮初中級学校 K自動車教習所 愛宕山鉄道 旧東青山駅 大井川本線廃引込線 多賀SLパーク跡 赤沢八幡野連絡橋 旧東青山変電所 旧志津川発電所 アクアパーク東山 明野劇場 名古屋港イタリア村 サニーランド蛇の島跡 イーゴス108 善光寺 友ヶ島 片島魚雷発射試験場跡 佐世保要塞 ぜんまい茶屋 近江の子豚市場 大見・尾越集落 廃村八丁 稲取隔離病棟 武智丸 赤別荘 魔女の館 森の洋館 廃校Cafe「ねこぱん」
廃墟トップに戻る






古都コトきょーと