TOP-image

更新履歴

2017.09.16
京丹後市
100万球

丹後王国イルミネーション

 京丹後市にある道の駅、丹後王国「食のみやこ」で開催されている北近畿、京都最大級のイルミネーション。100万球という規模ながら入場は無料。

開催期間:一年を通して開催中

2017.09.16
和歌山
砲台跡

舞鶴旧海軍第三火薬廠 - 戦時中に弾薬を作っていたコンクリート遺構

 舞鶴の朝来地区に残る海軍第三火薬廠のコンクリート遺構に行ってきました。建物は旧海軍のものになる為、当時の軍事機密にあたる詳細についてはあまり明らかになっていません。

2017.09.16
京都
廃校

虎杖小学校 - 丹後の山奥に眠る廃集落の小さな学校

 京丹後市の山奥に眠る虎杖小学校に行ってきました。府道654号線はとんでもない酷道で、道路沿いにはいくつか廃村があります。これら集落の廃村になるにつれ1991年に学校も廃校となりました。

2017.09.16
京都
廃校

袖志分校 - 海を背に…潮風香る海辺の廃校

 京丹後市の袖志という集落に海を眺める素敵な廃校を見つけました。海から風が吹けば潮の香り、山から風が吹けば田んぼの香り。廃校にはなっているけど、こんな素晴らしい田舎が今も残っているんだなぁと感動しました。

2017.09.16
南山城村
神社

曹渓宗高麗寺 - 京都・童仙房の山奥に突如現れる色鮮やかな寺

 京都の童仙房という秘境のさらに奥地にある韓国宗派のお寺があります。五方色で描かれた建物を見るためにいってきました。韓国伝統の色彩ということで、とてもカラフルで見ごたえのあり写真の撮りごたえがありました。

2017.09.16
伏見区
神社

大岩神社 - 参道に遺跡のような鳥居がある謎のお寺

 伏見区にある大岩神社に不思議な鳥居があると聞いて行ってきました。謎はとけませんでしたが、鬱蒼とした雑木林にぽつんと出現する廃寺の謎鳥居は雰囲気たっぷりで楽しい散策になりました。

2017.09.14
南山城村
R163

お茶の京都 みなみやましろ村

2017.09.14
木津川市
パン屋

パン・オ・セーグル - 店内にブルートレイン!機関車が停まるパン屋さん

 なぜパン屋さんの中に電車が!?中にはいってみるとパンより目立っていてメインの存在になっています。まるでブルートレインの車庫のようなお店はご主人の夢だったそうです。

2017.09.12
八幡市
茶畑・橋

流れにくくなった流れ橋!八幡市の上津屋橋はのどかな所でした

 映画などにも使われる八幡上津屋橋にいってきました。土手の外側は町が続いているのですが、流れ橋のエリアからはほど建物は見えず、自然の中にあるような感覚でした。のどかでのんびり出来る所でした。

2017.09.11
木津川市
神社

カニの恩返し?蟹満寺には境内のいたる所にカニが潜んでいる

 木津川市の田舎町にひっそりと佇む蟹満寺にはカニ伝説が残っており、境内にはカニをかたどった様々なものが置いてあります。行ったらぜひ境内に潜むカニを探して見て下さい。

2017.09.11
南山城村
茶畑

ツーリングに最適!雲上の茶園「童仙房」の茶畑が美しかった

 京都の秘境童仙房にいってきました。ほとんど知られていない所ですが、きれいな茶畑が広がる景勝地といってもいいと思います。アクセスは非常に悪いですが秘境巡りツーリングなどで行ってみると楽しいと思います。

2017.08.30
報告

古都コトきょーとのアイコンが変更になりました

 6年間使用していた、当サイト初のアイコンから2代目アイコンに変更になりました。サイト名KOTO×kOTO KYOTOよりドメイン名であるSyasin.bizを強調しているデザイン。木は栗の巨木を象ったものです。

2017.08.27
山記事

登山で遭難しない為にする事と、遭難した時の対処方法

 山で道迷いや滑落などで元の道や下山ルートを見つけ出せずに身動きがとれなくなる事を遭難といいます。命の危険に関わりますし、周囲に多大な迷惑をかけてしまいます。遭難をしないために必要な事をかいていきます。

2017.08.02
小松市
洞窟

ハニベ巌窟院 - 石川最強珍スポ・洞窟の地獄めぐり

 ハニベ巌窟院は、彫刻家である初代院主都賀田勇馬氏が1951年に開洞した。ハニベとは彫塑家の洞窟という事だそうです。大仏は全身を作るといいながら30年ほど現在のままだそうです。

2017.08.02
神社

廃恵比寿神社

 廃神社・寺はたまに見ますが、このように連なった鳥居が崩壊しているといった景色はとても珍しかったので車を停めて撮影しました。  通り沿いにあるので、自然に崩壊したのではなく地元のヤンキーがいたずらで壊したのかもしれません。とはいえ珍しかったので楽しい撮影になりました。

2017.08.02
石川
工場

O工業

 余り見ることのない棺桶の製造過程を見ることの出来る珍しい棺桶工場の廃墟です。これから高齢化がすすめば需要も大きくなると思いますが、田舎にある小さな会社なので後継者が居なくて廃業になったのかもしれません。

2017.08.02
石川
ラブホ

ホテルマドンナ

 廃墟としてはなかなか良い物件でした。とはいえ撮影向きというかは散策向きかな。エアシューターの執着を見つけれなかったのが心残りです。虫がいない冬に再訪したいです。

2017.08.02
加賀市

天空聖陵 加賀の郷 - 廃退感がすごいバブリー系巨大観音パーク

 元々はユートピア加賀の郷として珍スポで有名だったお寺です。建物は荒廃していますが、なんとか整備しながら営業しているようです。地元の人にとっては捨てられない場所となっているのでしょうか。

2017.08.02
北陸
研究所

謎の研究所

 動物の血液検査を行っていた会社です。承認されていない犬用血液型判定薬を許可なく販売したとして運営者が逮捕され倒産、その後廃墟となりました。内部は薬品の臭いが強すぎて、非常に危険です。

2017.08.02
小松市
鉱山

尾小屋マインロード - 閉鎖された鉱山で今も作業するマネキンたち

 尾小屋鉱山の当時の風景をマネキンで再現した施設です。鉱山のこういう所ではマネキンで作業を再現したものがよくありますね。珍スポというよりは真面目な鉱山資料館といった感じです。

2017.08.02
加賀市
公園

加賀市中央公園 - 昔話の像が立ち並ぶ・おとぎの国

 珍スポで有名な元ユートピア加賀の郷のすぐ横にある市の中央公園。そのおとぎの国エリアには昔話に登場するキャラ像が沢山たちならんでいます。

2017.08.02
堺市
遊園地

解体するよ、でも営業するよ「ワンダーランド」

 さすが有名になっただけあるワンダーランド。これで営業中とか意味がわかりません。セグウェイは乗れるそうですが、どこにあるかわかりませんでした。乗れないものだけがガラクタのように放置してある...。5歳の子供でもこんな所連れてこられたらキレるかも。

2017.07.08
奈良
廃校

東ノ川小中学校 - 湖畔の崩壊学校と廃集落

 東の川小中学校は大台山地の山間にある日本屈指の僻地にある廃校です。ダム建設の為に移転となり、補償で立派に建て替えられましたが5年で廃校となり、ここで学んだ生徒の数も5名のみ。短命の学校でした。

2017.07.08
伊勢市

金剛證寺 - おちんこ地蔵と巨大卒塔婆群を拝みに行こう!

 巨大卒塔婆とおちんこ地蔵の為、1250円払って伊勢志摩スカイラインの金剛證寺に行ってきました。なんといっても卒塔婆の迫力がすごくて見る価値があります。死者の魂はこの山に存在するような気がする神聖な雰囲気が漂っています。

2017.07.08
鳥羽市
公園

鳥羽・市民の森公園にある奇妙なガリバー滑り台

 鳥羽市「市民の森公園」には大きなガリバーの手が滑り台になっているという面白い遊具があります。かつては日本と南米を行き来していたぶらじる丸という船に設置されていましたがこの公園に遊具として移設されました。

2017.06.24
遊園地

せせらぎ遊園

 多くの謎を残したまま森に飲み込まれていく遊園地廃墟。地面から天井から壁から全てを包み込む自然の力には、人工の物は叶わないのだろうなぁと思わせられました。

2017.06.15
伊都郡
洞窟

小原洞窟恐竜ランド - 洞窟に広がるジュラシックパークと地獄と極楽

 小原洞恐竜パークは、迷路のような洞窟に広がるジュラシックパークのようでした。沢山の恐竜を見た後には、珍スポによくある地獄落ち。地獄の鬼があなたを待っている。

2017.06.15
和歌山市
公園

森林公園 - 山の中のミニサファリパーク

 加太の近くの森の中に巨大な恐竜のオブジェがおかれた公園があります。数mから20数mのものまで迫力はあるのですが、マイナーで人はほとんどいません。

2017.06.15
和歌山市
神社

全国各地から人形が集まる和歌山の淡島神社

 一昔前に髪が伸びる人形がある事で有名になった淡島神社。恐怖スポットとしてのイメージが強いのですが、多くの見物客でにぎわっている人気の観光地といった感じでした。

2017.05.22
高山市
記念館

光ミュージアム - 超豪華な崇教真光の記念館

 新興宗教の崇教真光の施設「光ミュージアム」は、宗教臭はなく誰でも気軽に訪れることのできる美術館・博物館です。高山のかくれた観光地にもなっています。

2017.05.18
日進市
公園

五色園 - 親鸞のエピソードを表現した浅野祥雲のコンクリ像群に圧巻

 浄土真宗で知られる親鸞ですが、京都に住んでいながらもどんな人なのか全く知りませんでした。五色園ではコンクリ像を使って逸話や偉大さをわかりやすく再現しておりとても勉強になります。

2017.05.18
犬山市
神社

桃太郎神社 - 桃太郎伝説と浅野祥雲のコンクリ像

 浅野祥雲氏作のコンクリ像を堪能できる三大聖地の一つ桃太郎神社。この愛知県犬山の地にも桃太郎の伝説が残っており、かつてお爺さんとおばあさんがすんでいたのはこの地なんだそうだ。

2017.05.18
小牧市
神社

田縣神社 - 男性のビンビンのシンボルを祀る寺

 男性のシンボルを祭り毎年3月にはシンボルがねりあるく奇祭「豊年祭」を行う愛知県の田縣神社。珍スポットが多い愛知県の中でもこれぞ珍スポットというような所です。

2017.05.18
犬山市
神社

大縣神社 - 女性器崇拝の神社

 男性器崇拝の田縣神社にたいし、ここ大縣神社は女性器崇拝の神社として知られています。女性の悩みや子宝祈願などで女性の見方になってくださる有り難い神社です。

2017.05.18
小牧市

おっぱいがいっぱい!授乳ご利益がある「間々観音」

 間々観音は授乳にご利益があるお寺として「おっぱい」のお寺として知られています。境内のあちらこちらにおっぱいをかたどった置物や、絵馬、御守などが見られ、珍スポットとしても知られています。

2017.05.18
日進市
神社

岩崎御嶽社 - 浅野祥雲作品が立ち並ぶ隠れ名所

 130mほどの小さな山に3000もの石碑石仏が並ぶ岩崎御嶽社には一部浅野祥雲氏の作品が紛れ込んでいて、隠れ祥雲スポットとなっています。浅野祥雲作の石仏には祥雲作といった文字が刻まれています。

2017.05.18
安八郡
公園

乙姫公園 - 高さ11mの巨大乙姫様像がなんか…微妙

 お千代保稲荷の近くにあるB級スポット乙姫公園には高さ11mのなんか微妙な乙姫様や浦島太郎のコンクリート像があります。他にも動物像が数多く置かれており、子供の遊び場などとして近所では愛されているといいます。

2017.04.22
平野区

地獄を覗いてみよう「全興寺」恐怖の地獄堂

 土日は駄菓子の博物館やほとけの国、地獄堂など様々な見どころのある有名なお寺なのです。長年ついて同化したほこりが、いい具合にB級感を醸し出しています。

2017.04.22
西区
公園

大阪・靭公園にはまるで魔法にかけられた様なリアルな銅像がある

 大阪のビジネス街のど真ん中にある靭公園には、魔法をかけられたようにリアルな人の銅像が置かれています。アメリカの彫刻家Seward Johnson氏による作品。

2017.04.13
滋賀
市場

子豚市場 - 円形屋根の市場廃墟

 滋賀の大型国道沿いにある円形の珍しい市場の廃墟です。円形という特徴的な建物の形が美しい廃墟美と醸し出しています。もう少し錆びていったらプチ×15ブルガリア共産党ホールみたいな景色になるかも?笑

2017.04.03
関ヶ原
資料館

関ヶ原ウォーランド - 浅野祥雲作の武士が暴れまくっている関ヶ原合戦資料館

 浅野祥雲氏が制作したコンクリートで出来たシュールな像が200体集まると、さらにシュールで奇妙な光景でした。シュールな像があると思ったら生首のちょっとグロテスクなものまであり。ノーモア関ヶ原!

2017.04.03
滋賀
選鉱場

土倉鉱山 - 草木に埋もれゆく神秘的な選鉱場跡地

 昭和40年に閉山後、この土地で忘れされていた土倉鉱山ですが、近年は廃墟ブームもあり今では人気の廃墟となりました。土台だけのコンクリート遺構ですが、それが月日がたち神秘的な雰囲気が立ち込めています。

2017.04.03
滋賀
工場

大阪セメント伊吹工場

 伊吹山の麓を走っていると見える巨大廃墟。元はセメント工場の跡地で、建物などがありましたが、現在は広大な土地に解体途中の建物が残っています。。

2017.04.03
滋賀
教習所

K自動車教習所

 少子化で日本中で教習所が減ってきています。特に建物もない為、再開発までこのように放置される事も珍しくありません。誰もいない道路、光らない信号、非現実的な状況がワクワクします。

2017.03.26
茨城
民家

赤別荘 - 竹藪に佇む森閑とした廃洋館

 赤別荘は茨城県の田舎にある西洋風の豪邸で、数多く残る残留物からみても、おそらく当時はとても財産があったのでしょう。洋館といっても洋風と和風をかけ合わせたような造りで、建物は木造の為、雨風にさらされ崩壊しつつあります。

2017.03.26
茨城
劇場

明野劇場 - 黒焦げのエロス…ストリップ劇場廃墟

 火災にあっており、その後も荒らされた形跡があるため、当時の様子を探る事は難しい物件でしたが、ストリップ劇場という未知のジャンルだったのでとても興味深く、探索していて面白かったです。

2017.03.26
つくば
謎空間

寂しいから置いている…筑波山ガマランドの動かない遊具たち

 カラフルな外見に、統一感のない設備、敷地の高台に鎮座するそれはそれは大きなガマ大明神、さらに屋上にはもう使えない遊具がずらり…。ただのオブジェとなっています。どこからともなく聞こえてくるオルゴールの音…さらにここは実は神社だそうだ。

2017.03.25
栃木
遊園地

日光ウェスタン村 - 西部劇を舞台にしたテーマパーク廃墟

 ウェスタン村は日光にある西部開拓時代のアメリカをテーマにしたテーマパークです。イベントエリアやアミューズメントエリアがあり、豪華な内容ですが2006年から久延寺、実質廃墟となっています。

2017.03.25
栃木
ホテル

廃墟ビルの摩天楼…鬼怒川温泉郷

 一度見てみたかった廃墟の摩天楼。ずらっと並ぶ廃墟ホテルには圧巻です。これだけの巨大施設が次々に廃墟となり放置されているのは日本でもあまりありません。

2017.03.25
茨城

本覚寺(詐欺寺)- 霊視商法詐欺で解散し廃墟となったアジト

 本覚寺(通称:詐欺寺)は祈祷料・供養料の名目で悩める人から大金を奪っていた詐欺集団のアジトでした。今でも多くの書類が放棄されており、過去のこの寺の実態や被害の様子などを調べることができます。

2017.03.25
茨城

善光寺 - 祟りが起こりそう…森の崩壊廃寺

 善光寺は1501年に常陸国を治めていた小田氏が建立したものだそうです。崩壊した本堂のおどろおどろしい雰囲気が画になるからか、テレビや映画のロケで使われた事もあるそうです。

2017.03.25
栃木
医院

S醫院 - 大正時代の木造廃病院

 Z醫院や須原村診療所などのように、木造のあたたかみを感じる廃墟でした。建物は建築というより残留物がとても素晴らしく、昭和初期のブラウン管テレビや、並べられた役瓶、医療器具など、全てがレトロな展示品に思えるほどでした。

2017.03.20
奈良市
ラーメン

まりお流で喉にまとわり付くほどの超こってりラーメンを食す

 ラーメン屋が珍スポというのは良くありますが、ここはもうそんなんじゃない、真剣にこってりを追い求め過ぎて訳わからん領域に達しています。ここほどコッテリを追い求めてるラーメン屋はないでしょう。

2017.03.18
松阪市
天国

陶芸空間 虹の泉 - 一人の陶芸家が人生をかけて作った雲上のユートピア

 一人の陶芸家によって生み出された陶器でできた芸術空間。中央部には雲を再現した白いオブジェや、周囲には家族愛などをイメージした沢山の像、そしてこの広場を象徴する大きな陶壁には虹が描かれています。

2017.03.18
津市

カエルや猫のオーケストラにカラオケ観音!?寶珠山 大観音寺

 カエルや猫のオーケストラや、カラオケ観音、黄金の枡や33mの世界最大の黄金大観音など見応えたっぷりのリッチなお寺です。

2017.03.18
津市
美術館

世界中の彫刻品のレプリカが見れる・ルーブル彫刻美術館

 巨大ヴィーナスやルーブル関係なかったりとB級な感じは否めませんが、展示してあるレプリカはとても繊細に本物により近くなるよう作られたもので、外見ほど胡散臭い臭いは感じませんでした。というかちゃんと美術館。

2017.03.02
阿倍野区
商店街

文の里商店街の面白キャッチコピーポスターが見入ってしまう

 電通の若手社員によって作られた文の里商店街のお店のシュールなポスターは大阪らしい面白いものばかり。商店街の活気は戻ってないけど…たしかに良いおっぱいだ!

2017.03.02
中央区
ホテル

道頓堀ホテルの奇妙な顔柱

 道頓堀を歩いていると現れる奇妙だが思わず笑ってしまう顔柱のホテル。道頓堀ホテルの前に鎮座しており、なんとパーツは頭と赤ん坊のような短い足のみというのが奇妙さを増しています。

2017.03.01
福島区
Cafe

大阪の仏像カフェ「篝(カガリ)」は店内に貴重な仏像がズラリ

 店内のいたる所に年代物の仏像が数十体展示されており、価値のある仏像を間近で見学できるので仏像好きにはたまらない喫茶店かと思います。また聞いてみると店員さんが丁寧に説明してくださります。。

2017.01.08
和歌山
廃校

大瀬小学校跡 - 崩壊を待つ歪んだ教室

 和歌山の山奥にある大瀬集落の廃校跡。メインの教室のいがんでる様子は、廃墟として本当に高得点です。シンメトリーであるはずの建物が、建物自体の崩壊によってそれを崩し構図を作っているという面白い光景です。

2017.01.08
洲本市
秘宝館

淡路島の秘宝館「謎のパラダイス」が最高にぶっとんでいた

 さすが伝説級の秘宝館という事で、エロ度、ギャグ度、真剣さ、全て兼ねそなえ、勉強になる空間でしたw なるほどー、あーそうやねーとまぁゆっくり読んでみるといいと思います。

2017.01.07
淡路島
ホテル

黒潮荘 - 淡路島の山奥にあるポップな廃旅館

 特に変哲もない普通の廃墟ホテルですが、一階のエントランスは垂れ落ちたランプの傘が作る独特な雰囲気がとても特徴的で、可愛らしさに癒やされる不思議な廃墟でした。

HOME << 2017年 >> 2016年







古都コトきょーと