TOP-image
2018.01.07

黒谷自然公園 - 山の上の忘れ去られた桃源郷

黒谷自然公園

廃墟の情報

黒谷自然公園
公園跡
場所 岐阜県
建築 ー
廃墟化 ー

黒谷自然公園 - 山の上の忘れ去られた桃源郷

 こんにちはtamuraです。

 今回は岐阜県の山の上にある忘れ去られた自然公園跡地に行ってきました。黒谷自然公園といい、廃墟マニアの中でも知る人ぞ知るような場所なんだとか。

 岐阜県のとある山の中の上空写真ですが、このが黒谷自然公園で、非常に広い範囲に建物などが密集しているのをみつけました。廃墟ブログなどでぽつぽつ情報は載ってるのですが、

 なんしか情報がないので、いつ開園して、いつ閉園したのか、どのような施設だったのかなどわからない部分も多くあります。

 この自然公園まではとにかく急な坂道を延々と歩きます。30分くらいかな?途中から自然公園の施設がちらちら現れ始めます。

 写真の建物は炭を作る施設だったそうです。

 それを超えるとまた更にあるきにくく。元々はコンクリート舗装路だったのですが、長年放置されこのような姿に。

 キレイな岩肌。柵があるのでこの自然公園の見どころの一つだったのでしょうか。

 歩いていると、社のようなものがあったので近づいてみると…。

 めっちゃ不気味な鬼が佇んでいました。木で創られているようですが、顔が鶏のとさかのようにブッツブツなので気味が悪いです。

 やっと自然公園のメインの部分にやってきました。

 円盤の部分は植物園だそうです。

 大きな円盤と放射線に伸びるラインがカッコイイ!

 当時のものであろう巨大植物と、その他雑草がわっさわっさ。

 高さ7~8mほどある砂?岩?の小山が。けっこうでかい。何のためにあるのかはわかりませんでした。

 可愛らしい三輪車。ちなみに小山の周囲はゴーカートだったそうですが、乗り物はこの三輪車しかありませんでした。

 小山の横には事務所や売店と思わしき建物が何件か。

 事務所の入り口は青い絨毯

 乱雑とした事務所の中。

 1998年のカレンダーで最後になってましたが、山積みになった雑誌には2000年ものが何冊かありました。

 給湯室のような部屋。

 不気味な日本家屋

 囲炉裏がある趣のある部屋があります。鍋が吊るしてあったら良かったのにな。

 この園の管理者が住んでたのでしょうか?

 木々に埋もれて隠れたような所にある小さな池。

 小高い所に何かオブジェみたいなのあると思ったら、何かわからない鉄の箱。謎が多すぎる…

 続いてはコンクリートの建物と花鳥園みたいなエリアに。

 かつてこの建物に外観があったのかはわかりませんが、現在はコンクリートの基礎のみ。

 何かに使用されていたのでしょうか、マネキンが2体倒れていました。

 二階からみた花鳥園エリア。松の木と吊橋、そして鳥小屋が並んでいます。

 サビサビの吊橋…いつ崩れてもおかしくないような状態です。

 3階は仕切りがなく、広い大きな部屋が一つあり、昔使われていたような農機具が置かれていました。

 なんだろうこれって感じ。見たこともないのでわかりません。

 外からみるとかなり大きい事がわかります。これだけの基礎を作っていながら外観はなぜ作っていないのか、それとも閉園の時に外観を取っ払ったのか…。ちゃんと荷物が整理されてる部屋もあるんですよね…まさかこの状態でこの建物を使用していたとか?まさか…笑 謎が多すぎて面白い。なんで情報がないんだろう。

 マンションの横にも鳥小屋

 橋を下からみたら床がボロボロ…。

 一階はなにかしら使われていたような部屋が。おおきな網や脚立など。何に使うんだろう。

 帰りによった敷地の一番西あたりにある建物群。

 物置のようですが、立派なトイレがありました。

 旧国鉄をしのぶ人々のための、大正時代のこの付近のJRの駅に作られた駅のトイレだそうです。なるほどね。

感想・まとめ

 今回は岐阜の山奥にある謎の公園跡廃墟にいってきました。公園までは道路が走っており、かつては車で行くことができたようですが、現在は長い間放置されていたので落石が多く、さらに途中には閉じられた柵があるので車で上がる事はできません。

 柵を超えると、そこは稀にさえも車が通っていないようで舗装路には岩や倒木、枯れ木で覆われており山道を歩いているような感じでした。なかなかの急勾配で苦労しました。

 公園内も舗装路は跡形もなく土や葉っぱ、草で覆われており原型のない様子です。かつてはあったのであろう道にも木が成長しており、思うように散策できませんでした。

 一番の謎はこの公園に似合わない立派なコンクリートの建物で、三階建てなのですが外観はなく基礎が丸出しの状態で放置されています。建設途中で閉園となったのかと思いましたが、閉園するような状況ならこんなの建設しないと思いますし…。他にも大きなコンクリート基礎があったり何かあったような跡があるのですが、今ではそれが何なのか分かるような状況ではありませんでした。

 人がいなくなって十数年でほぼ森に飲み込まれており、まるで世界の終わりに飛び込んだかのような施設でした。

廃墟レポート 一覧 摩耶観光ホテル 奈良ドリームランド 化女沼レジャーランド 軍艦島 Z医院 洲原村診療所 旧和賀川水力発電所 S醫院 池島 松尾鉱山 犬島精錬所跡 日光ウェスタン村 白亜の廃校 恵那峡ロープウェイ 黒谷自然公園 本覚寺(詐欺寺) 謎の研究所 廃恵比寿神社 O工業 ホテルマドンナ 大久野島発電所跡 せせらぎ遊園 湖上の発電所 笹間渡発電所 笠置観光ホテル 峰之沢鉱山 黒潮荘 岩風呂旅館 結婚式場 丹波本○ 一龍旅館 城山ホテル 大川グランドホテル 鱒池亭 ホテルセリーヌ 鬼怒川温泉の廃墟群 持越鉱山 春日鉱山 美束抗 土倉鉱山 杵島炭鉱第四坑通風坑 立川炭鉱跡 大阪セメント伊吹工場 百井分校 旧木沢小学校 御山里小学校 旧池原小学校 旧坂本小学校 旧丹生小学校 旧大瀬小学校 舞鶴旧海軍第三火薬廠 虎杖小学校 袖志分校 東ノ川小中学校 東濃朝鮮初中級学校 K自動車教習所 愛宕山鉄道 旧東青山駅 大井川本線廃引込線 多賀SLパーク跡 赤沢八幡野連絡橋 旧東青山変電所 旧志津川発電所 アクアパーク東山 明野劇場 名古屋港イタリア村 サニーランド蛇の島跡 イーゴス108 善光寺 友ヶ島 片島魚雷発射試験場跡 佐世保要塞 ぜんまい茶屋 近江の子豚市場 大見・尾越集落 廃村八丁 稲取隔離病棟 武智丸 赤別荘 魔女の館 森の洋館 廃校Cafe「ねこぱん」
廃墟トップに戻る






古都コトきょーと