TOP-image

イルミネーションの電気代はいくら?計算してみた

イルミネーションの電気代が気になる



子供の頃はわー綺麗!と感動していたイルミネーション。

純粋な心のまま純粋に大人になった方は今でも感動できるかもしれませんが、このページを読んでいる貴方やそもそもこのページを書いている私のような邪心を持ってしまった大人はこんな事を疑問思ってしまいました。

イルミネーション綺麗やけど電気代いくらかかんねん。環境破壊ちゃうんか

黙って感動すればいいものを、時の流れは無慈悲なものです。

という事でgoogleで調べること10秒、イルミネーションが大たいいくら位するのかをようやく知る事ができました。


計算してみた



イルミネーション用の電球というのは防水LEDというのを使用しているらしく、は100球当たり一時間約6Wだそうです(もちろん電球によって差はあります)。

例えば京都イルミエール(100万球)でいうと60000W(60kWh)という計算になります。京都イルミエールは17:00~22:00まで点灯しているので、点灯時間は5時間となり、一日の電気量は(300kWh)となります。関西電力の1kWhあたりの電気料金が19円05銭なので大体100万球を5時間点灯して5715円という計算になります。

そして開催期間は12月8日~2月17日で、合計71日で、期間中の合計の電気使用量はなんと「405765円」となります。

正確には120kWh超過300kWhまでは1kWhあたり24.21円、それ以上が1kWhあたり25.55円なので値段は少し変わってきます。施設などが300kWh使用しているとして、イルミネーションは1kWhあたり25.55円の場合で計算すると、544215円。大体100万級レベルのイルミネーションを70日点灯すると電気代は約50万円という事になります。



1万球を5時間点灯すると:57.1円円/1d (1kWh=19円で算出):商店街等
10万球を5時間点灯すると:571.5円/1d (1kWh=19円で算出):東京タワー/京都駅 等
100万球を5時間点灯すると:7665円/1d (1kWh=25円で算出):京都イルミエール/丸の内 等
1000万球を5時間点灯すると:76650円/1d (1kWh=25円で算出):ハウステンボス(長崎佐世保)


 という大まかなですが大体この程度の値段になります。イルミネーションは10~100万球あればかなり良質なイルミネーションが完成し多くの人を感動させる事ができる上、環境破壊という程度の値段ではないですよね。また、コード購入には別途多額の費用がかかりますが電気代が安い事から地域起こしに下手な行事・大型施設を建てるなどよりイルミネーションは最適らしいです。


HOME 廃墟探索記 イルミ値段







古都コトきょーと